Student Story: Hiromi Takahashi (Japan)

author-logo.png
StudyPerth
Nov 18, 2019

My name is Hiromi Takahashi and I am studying for a Master of Sexology at Curtin University. I arrived in Perth in February 2019 from my hometown of Osaka in Japan.

I knew I wanted to study human sexual health and human rights, and from my research, Curtin University, the University of Amsterdam and Brighton University were on my list of universities to approach. Coincidentally, I had made a friend when I was in Osaka and she knew someone who had graduated with a Master of Sexology at Curtin University. We were introduced to each other online, and she recommended coming to Perth to study because it is such a lovely city. That's how I decided to study in Perth.

There are so many things I love about in Perth. Firstly, I love the weather; when I was studying in the UK, it was mostly raining and cloudy. When you have a sunny day, you get cheerful no matter what. I also like that the beaches are nearby so you can easily go for a walk on the beach, which is super relaxing. I live in Fremantle Area which is very close to the beach and the Fremantle Markets. When I get tired of studying at home, I go for a walk to the beach or to a cute café for a coffee. To be able to do this is just great.

In my spare time, I also enjoy dancing. I have been dancing the lindy hop for nearly two years, and I have joined a performance team in Perth with the Swing Dance Academy. We will perform in many summer festivals this year, including at Fringe Festival which is really exciting.

I study Sexology which is not a common study choice. I chose it because I am passionate about sexual health education. The course is very practical as well as academic. We have had opportunities to run sexual education workshops during the class, which also encouraged me to do so outside of the course as well. I think Perth is a great place in which to study this course, as it has many sexual health related organisations such as Sexual Health Quarters and WA AIDS Council.

It is really enjoyable to study at Curtin University’s Bentley Campus. There are so many places that you can enjoy outside. When it's sunny, you can get a free beanbag and sit under the tree and study or listen to your favourite music. The campus has so many trees, bushes, flowers and grassed areas where you can sit and eat or chat with friends.

When I graduate, I would love to stay Perth and work here as a freelance sexual health educator for international students. So, working and collaborating with language schools, colleges and universities would be great way to achieve this. I will apply for a graduate visa which will allow me to stay an extra 18 months after my graduation, and I will go from there.

My top tips for students looking to study in Perth is that you should find what you are passionate about and focus on that. And talk to many people from different cultural backgrounds to challenge your assumptions and common sense.


こんにちは、高橋宏美と言います。西オーストラリア州のパースにあるカーティン大学でセクソロジーを専攻しています。私は大阪生まれで、2019年2月パースでの生活をスタートさせました。

性教育や人権教育について勉強したいという気持ちがあったので、それが先行できるカーティン大学、アムステルダム大学、そしてブライトン大学が私の志望大学でした。その時にたまたま出会った人が偶然にもパースに留学した経験があり、カーティン大学のセクソロジーを専攻した友人を紹介してくれました。その方とSNSを通じてお話をして、大学生活や勉強の事、パースの街などについて聞かせていただきました。パースがすごく素敵な場所なんだという印象を受けて、パースへの留学を決めました。

実際に生活を始めて、パースの好きなところがたくさんできました。1番はやっぱり晴れの日が多いことです。私はイギリスでも生活をしたことがあって、1年を通して曇りと雨の日がすごく多かったのを覚えています。やっぱり天気がいいとそれだけで気分が上がります。近くに海があることもすごく好きです。私はフリーマントルというエリアに住んでいて、ビーチやファーマーズマーケットへ毎週のように行っています。勉強に疲れたときに、ビーチに散歩に行ったり、友達とカフェに行って一息つく、すごく幸せな環境です。

パースでは、2年ほど続けているスウィングダンスのレッスンも受けています。スウィングダンス・アカデミーのパフォーマンスチームにも参加して、来年2月のFringe Festivalでもパフォーマンスをする予定で、今から楽しみにしています。

私の専攻するセクソロジーはあまり知られた分野ではありません。セクソロジーは日本語にすると「性科学」で人間のセクシュアリティの理解を深める学問です。私は性教育者になりたいと思っているので、この学科を選びました。コースは学問的でもあり、実践的でもあります。例えば、性教育に特化した授業では、実際にワークショップの構成を考えて実践するという課題がありました。その経験は今の留学生向けへの性教育をやってみたいというモチベーションに繋がっています。そして、性の健康を啓発するSexual Health QuartersやWA AIDS Councilのような団体があることもすごく魅力的だと思っています。

カーティン大学のベントリーキャンパスは勉強するのにもすごくいい環境です。芝生のエリアがたくさんあり、外で気持ちよく過ごせるキャンパスの構造になっています。晴れている日には大きなビーンバッグのクッションを借りて、木の下で、好きな音楽を聴きながら勉強をしたり。キャンパスの各所に、色んな種類の木や花が植えられていて、芝生の上でランチを食べたり友達と話したりとすごく過ごしやすい環境です。

卒業してからもパースに残る方向で考えています。大学院卒業生は18カ月のビザ延長が認められているので、フリーランスの性教育者として活動していきたいと思っています。留学生の中には必要な性の健康を守るための情報が届いていない人たちもいるので、留学生に向けた性教育のプログラムを作っていくのが目標です。

もしパースに留学をする機会があったら、自分とは違う文化背景を持つ人、価値観を持つ人とたくさん話してほしいです。自分が常識だと思っていたことが覆えされて、考えさせられることで色んな刺激が得られると思います。

author-logo.png

About Author

In collaboration with governments, educational institutions and stakeholders, StudyPerth provides a leadership role in building the profile of international education in WA and overseas.